借地権を買取りしてもらうには

借地を買取りにしてもらう方法について詳しく説明します

借地権の譲渡

18年03月12日

未分類

借地権の譲渡 はコメントを受け付けていません。


借地権を買取りしてもらうということは、借地権を譲渡するということになります。もし、借地上に家を建てていて、この家と土地をセットで売却したい場合、原則的には地主の承諾を得なければいけません。家というのは個人の所有のため、自由に売却したり賃貸することができます。しかし、それが借地の上にあるならば注意しなければいけません。借地権というのはその土地に建物を建てて利用する権利のことです。もし、借地上の家を売るならば、一緒に借地権も移転しなければいけないのです。つまり、建物と一緒に借地権も売却することになります。

承諾借地権には地上権と賃借権があります。地上権の場合は自由に売却することができるのですが、日本ではほとんどの場合賃借権となっています。賃借権の場合は自由に譲渡することができないため、地主の承諾を得なければいけないのです。しかし、地主が承諾してくれないケースもあります。この場合は借地非訴手続きというものがあります。裁判所に対して借地権譲渡許可を求めることができるのです。もしこれで許可されたならば、地主の承諾がなくても借地権を譲渡することができます。

いずれにしても、借地権というのは勝手に譲渡することが基本的には許されないものだと覚えておきましょう。借地権を買取りしてもらう場合も、地主の承諾を得る必要があるのです。